シミをとる、皮膚科の手術

>

美容方法は進化しています

若い人でもあるシミ

若い人でもシミができることがあります。
それは年齢を重ねてでたものとは違ったものです。

若い人でも出やすいシミは、ニキビ跡や傷跡が残った状態の炎症跡色素沈着があります。
ニキビは若い年齢ですと額や鼻周り、頬にできやすいです。
これは皮脂の分泌が関係しているのですが、一度できるとなかなかすぐには治りません。
おそらく周りの大人に、「ニキビは潰さず治るまで触らないようにしなさい」と言われていたと思いますが、タオルでふいた時に潰してしまったり、気になって触ってしまったりして、綺麗に治らず、跡が残ってしまうことがあります。
これは大人になっても残りやすいです。

また、傷が治ったのにあとがとれないこともありますよね。
これもお顔にできたものは取りたいですよね。

年齢と共に出るシミ

これは老人性色素斑と呼ばれるものです。
これは長年の紫外線のダメージが蓄積されたことによってできたものです。
紫外線対策は春先からテレビでもよく注意がされています。
日焼け止めクリーム、シミを予防する食べ物、洗顔後につける化粧品類。

今では紫外線対策は当たり前のようにされていまし、日焼け止めクリームなども昔よりもより効果的なものが販売されています。
しかしこまめに塗りなおすのを忘れたり、塗り忘れている箇所があったりすると、見た目はそれほど日焼けをしていなくても、肌がダメージを受けてしまっているということもあります。

これが時間の経過と共にシミとして目に見える形で表れてしまいます。
最近では、シミ取りクリームが市販されていますが、皮膚科の手術ではより早く取ることができます。


この記事をシェアする

TOPへ戻る