皮膚科で受けるシミ取り手術ってどんなものなの?

シミをとる、皮膚科の手術

LINK

美容方法は進化しています

シミというと薄茶色のものを思い浮かべますが、美容業界でシミ取りといっても幅広いものを指します。 この中に、そばかすも含まれ、化粧などで隠すのではなく、手術で取ることができます。 シミ取り手術ではどういったものをとることができ、お肌を綺麗な状態に導いてくれるのでしょうか。

シミと一言で言っても

女性にとってお肌をきれいに保つことは何歳になっても、追い求めたいことです。
しかし、女性は体の不調があると肌トラブルとしてでやすい傾向にあります。
シミやしわ、くすみ、たるみなど、年齢と共に鏡を見るたびに気になる箇所が出てきやすいです。

こういった肌トラブルを避けるためにいろんな美容方法が開発され、化粧品も年に何回も新しいものが発売されています。
例えば、日焼け止め。
紫外線から肌を守ってくれる、夏には欠かせないものですよね。
これも汗や水に強いものができているので、従来品よりも塗り直しの頻度が少なくても日焼けを防ぐことができます。
また、塗り心地もよくなり、快適に過ごしやすくなりました。

そして例えば美容法。
研究が進むことで、何が肌にいいのか、どういった生活習慣が肌に悪いのかも解明されています。
こういった情報によって、肌にいい生活習慣を心掛けたり、肌のダメージを回復させやすい食べ物を摂取するようにしたりすることができます。

また、美容関係の手術も進化しています。
シミやしわ、たるみなど、既にできたものを自力で直すのは難しいです。
美顔体操や食べ物である程度改善することができますが、即効性があるものではありません。
なので、美容手術というものが研究され、肌トラブルに効果的な治療が提供されてきました。
しかも、シミ取りやしわ取りでしたら、医療現場でされているよう手術のように、肌を切らずにできます。

今回はシミ取り手術に注目して、どういったものなのか順番に見てみましょう。

シミ取りの手術

手術というと、肌を切ったりするイメージがありますが、皮膚科のシミ取り手術では肌を切ることはありません。 なので、多くのものは日帰りで受けられるもので、時間的に負担になりにくいです。 手術はシミの種類に応じて使い分けることができます。 手術にはどのような種類があるのか、見てみましょう。

シミ取り手術のデメリット

お肌のシミをとる点ではすぐにも受けたいものではありますが、デメリットはあるのでしょうか。 術中の痛みはあるのでしょうか? 手術の費用はどれぐらいなのでしょうか? アフターケアはどれぐらいの期間必要なのか? こういったことも手術を受ける前に知っておきたいですよね。

TOPへ戻る